先日、働く人 TOKYO volume1 に参加してきました^^

場所は渋谷でオープンしたばかり(3月15日)の、
ミレニアル世代向けに特化した宿泊施設 THE MILLENNIALS

4Fにはフロントと共にセルフキッチン付きのラウンジも併設されていたり、
3Fはコワーキングスペースになっていて、
イベントでの貸切もできるそうです。

ホテルとしても面白そうで、ぜひ一度宿泊者としても利用してみたい!
おしゃれな空間でした☆

フリーフォトグラファーの方3名をゲストに迎え、
「働く」をテーマにしたトークセッション。

肩書きは同じフリーフォトグラファーといえど
3名とも経歴や歩み方も全く違うので、価値観はいろいろでしたが

1番印象的だったのは、「自分にとって 働く とは?」という質問に対する答え。
皆さん口を揃えてこうおっしゃっていました。

 働いている感覚があまりない
 好きなことをやっている
 暮らすために働いているって感じじゃない

これ、今すごく自分で体感しています。

会社員時代にあった、「働いている」「仕事しに行く」感覚が全くないです。
(住んでいる場所の近くで仕事しているというのもありますが)

なぜでしょう?

今日何をするか、誰と会うか、どこに行くか、どう時間を使うか。
全部自分で選ぶからだと思います。

もちろんお仕事はしますが、
誰か他の人からの指示や命令ではなくて、
「自分で」選択していただいたお仕事です。

義務感がない。
好きで、自分で選択してやっていること。

もちろん、守ってくれる人はいないのでリスクはあります。
でもその方が自分自身に力がつくし、

何より、

周りの環境や状況が悪くなってそれに不満を言う人生より、
周りがどうであろうと自分でコントロールし、切り開いていける人生の方が
確実に楽しくないですか?

とはいえ、いきなり会社を出ることを
お勧めしているわけではありません。

トークセッションの中でもそんな話が出ました。

 自分で仕事をするということは、
 「●日に自動的に給料が振り込まれる」というのとは全く別の分野。

 まず、何か作って売ってみた方がいい。
 それが買ってもらえるとめちゃくちゃ嬉しい。

と。

その上で、印象的だったエピソードは、

 誰にも頼まれなくて、
 お金にならないことを2〜3年やっていると
 意外と仕事になったりする

 写真を始めたのは30からで、
 お金になんてまったくならなかったものも楽しくてやっていて、
 4年続けていたらお金になった

とのこと。

何年もお金にならない状態を続けられるか、は
人によりそうですが、

自分が価値を感じられていないもの、楽しくないものは
他人にその価値や楽しさが伝わるわけないですよね。

自分で選択した仕事でも、
与えられた仕事でも、価値を作り出す。

そうすると、自分の働く時間も
より価値のあるものになると思います。

今、あなたにとって、働く とは何ですか?