近年の頻出ワードになっている、
「シェアリング・エコノミー」。

乗り物、住居、家具、服など、
個人所有の資産等を他人に貸し出しをする、
あるいは、貸し出しを仲介するサービスを指します。

資産というと大げさに聞こえるかもしれませんが、分類すると
・乗り物(カーシェア、サイクルシェア、ライドシェア)
・スペース(住居など)
・モノ(家具、服など)
・ヒト(クラウドソーシング、オンラインマッチング)
・カネ(クラウドファインディング、ソーシャルレンディング)
などの共有ですね。

具体的なサービス名だと…

【乗り物】
カーシェアリングサービスサイクルシェアリングサービス
 例)アースカー、オリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングxクラブ、タイムズカープラス、Anyca(エニカ)、COGICOGI
ライドシェアサービス
 例)Uber、notteco

【スペース】
個人宅の宿泊サイト
 例)Airbnb、AirTrip民泊
間借りサイト
 例)軒先ビジネス、スペースマーケット、SHOPCOUNTER
オンライン駐車場予約サービス
 例)軒先パーキング

【モノ】
ファッションシェアリング
 例)airCloset、SUSTINA、ラクサス

【ヒト】
クラウドソーシングサービス
 例)クラウドワークス、ランサーズ
オンラインマッチングサービス
 例)AsMama、ANYTIMES、CrowdCare、ストアカ、タイムチケット、タスカジ、ビザスク

【カネ】
クラウドファンディング、ソーシャルレンディングサービス
 例)Makuake、Readyfor、CAMPFIRE、MotionGallery、クラウドバンク、クラウドクレジット、maneo、SBIソーシャルレンディング、AQUSH

すでにたくさんのサービスがありますね。

シリコンバレーを起点に成長してきた市場で、
2013年に約150億ドルの市場規模が
2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みとなっています。
(PwC調べ)

これからどんどん大きくなっていく市場、
法整備なども着目されますね!

うまく活用していきましょう^^