日々の仕事がうまくいかないとき。
何かに挑戦しようとしているとき。

落ち込むこともあると思います。

「なんで出来ないんだろう?」に始まり、
自分の足りないところを責めてしまったり。


でも、断言します。

あなたは自信を持って大丈夫です。
むしろ、どんな状況でも自信を持ってください。

状況をより良くしたいと思っている限り、
あきらめないで行動している限り、
物事は良い方向にしか行きません。

自信がないのは逆効果。
うまくいくものもいかなくなってしまいます。

「うまくいかないから自信がないんじゃないか」
という声が聞こえてきそうですが、

それでもやっぱり、
まず自信を持ってください。
自信がどうしたら持てるか、を一生懸命考えてみてください。

自信がないときって、
たいてい「ない」方に目を向けてしまっています。

「自分には◯◯はできない」
「自分には◯◯の能力がない」
「何をしたらいいか分からない」など。

でも、絶対に今出来ていること、
分かっていることは少しはあるはずです。

もし、万が一本当に何もないとしても、
そのゼロという状態があるだけで、
それはマイナスでも何でもありません。

(よかったらこちらの記事もご覧ください:
☞ “いつでも今が1番いい”の2つの意味 )

でも自信があるときって、
「ない」ことは認識していたとしても、
決してそのことを悲観したりはせず、
状況が良くなっていくことを信じられているときだと思います。

出来ていないと本当に難しいのですが、
「ない」にフォーカスしてしまっている、と気づいて
「ある」にフォーカスし直す、
というのを繰り返すことが大切です。

まずは、「ある」ものに目を向けましょう。
そしてそれに自信を持ちましょう。
どんな些細なことでも構いません。

地道な訓練ですが、
繰り返すうちに徐々に出来るようになってきます。

根拠のない自信くらいがちょうど良いです。
自信があった方が、不思議とうまくいきますよ^^